HPが新しくなりました!

今後はこちらのページをご覧ください。

ブログ
Blog
活動場所Locations
第11期、12期
タンゴセラピスト集中講座
大阪(2020. 2.1~2)
東京(2020. 2.8~9)
無事終了しました!
各種リンク
Various links

日本タンゴセラピー協会について

世界で注目を浴び始めた

【タンゴセラピー】

 

『 ここ日本は豊かな国なのに、心を艶やかに潤わせる高齢者としての生き方がない⁈ 』 ふと自身の老後について、不安になったことがきっかけでした。

 

アルゼンチンでは、病院内のリハビリ施設で心身の問題を抱えた患者の方々が、 医師や看護師と共に楽しく踊りながら身体機能を回復させている現状があります。 私の祖国アルゼンチンでは、死ぬまで女性は女性、男性は男性らしく、艶やかに生活する ことを望みます。この楽しく画期的な ” 心躍る生活習慣 ” を日本に紹介すべく、 私達は2009年に《 日本タンゴセラピー協会 》を発足し、数々の複合型老人介護施設で 定期的にこのタンゴセラピーの活動を行って参りました。

 

タンゴセラピーは昨今、ユネスコ世界無形文化遺産であるアルゼンチンタンゴを踊る事で、 心の安らぎと身体の健康を取り戻す役割が期待できるとして、高齢者やうつ病、不安症の 方々の間で世界的に広がりを見せております。 赤ん坊の頃、母親にされたような《アブラッソ(抱擁)》は心を温め、幸せが満ち溢れます。

 

日本にはあまり馴染みのない《アブラッソ(抱擁)》ですが、この触れ合いが生まれると、 脳から幸福ホルモンと呼ばれるオキシトシンやセロトニンが分泌され、精神に安らぎを もたらし、心臓や脳、ホルモンのバランスを保つことに役立つと言われております。 また2009年8月、ワシントン大学 医学部の研究で、リズムと共に様々な方向に足を 出すタンゴ独自のステップが、他のどのエクササイズよりもパーキンソン病患者に 見られる体のバランスが取りにくくなる症状を改善させることができるという研究結果が 発表されました。

 

イギリスでは、タンゴの基本ステップをリズムと呼吸を使いながら 反復運動することで、アルツハイマー型認知症患者の記憶力向上、また進行を遅らせる 効果があるとして役立てられています。

 

この活動を通し、立ち上がる意欲が湧いただけではなく本当に立った! 歩いた!! 踊った!!!、 笑顔が戻った、癒された、生き甲斐を感じる事ができた等、様々な嬉しい声が聞かると 同時に、最高齢105歳の方も参加され、幅広い年齢層の方々から必要とされております。 『身体』と『脳』と『心』を楽しみながら活性化できるこのタンゴセラピー活動が、 日本の幸せな高齢化社会の大きな柱となる事を願っております。

 

そしてもう一つ、私たちの仲間のタンゲーロ達が、自身の趣味や生き甲斐であるタンゴで、 社会貢献ができるという自信や遣り甲斐を感じて頂けることも、同時に願っております。

 

 

協力 リコーリース株式会社

後援 駐日アルゼンチン共和国大使館

後援 駐日ウルグアイ東方共和国大使館

後援 FJTA(日本アルゼンチンタンゴ連盟)

Even though Japan is a materially rich country, it is difficult for the elderly to shine brightly. As I have become older I suddenly became rather worried.In Argentina, patients who suffer from physical and mental problems often dance with doctors and nurses in  rehabilitation facilities and this often leads to recovery.

 

In my homeland Argentina ,women continue to live as vivacious women, and men stay masculine,both leading meaningful lives even in advanced age. . In order to introduce this fun and innovative ″exciting lifestyle″to Japan,in 2009 we  established the ″Japan Tango Therapy Association″which regularly  conducts rehabilitation  activities in a variety of elderly care facilities.

 

Tango therapy which by dancing  Argentinian tango (which is a UNESCO world intangible cultural heritage ) helps the elderly find enjoyment, passion, a peace of mind as well as aiding  physical health can greatly lessen depression and anxiety of the elderly which is a global phenomena.It reminds people of when they were babies in the loving embrace ″Abrazo″of their mothers that warms their heart leading to happiness and fulfillment.

 

Although it is unfamiliar ″Abrazo (embrace)″in Japan,when people have contact with each other ,oxytocin and serotonin (called happiness or hormones )are secreted,leading to feelings of happiness and belonging ,as well as keeping hormones in balance (There are many researchers who believe that an imbalance in serotonin levels may influence mood in a way that leads to depression. ) In August 2009,in a study at the Washington University School of Medicine,Tango, by utilizing unique steps along with a rhythm,improved the symptoms Parkinson´s disease patients more than any type of physical exercise.

 

 In the United Kingdom,by utilizing breathing and rhythm of tango steps in  repetitive motion,memory improved in Alzheimer´s dementia patients and the progression of the disease was slowed.And through this activity,not only do patients desire to rise up stand out, but they actually happily  stand tall! And they walked! danced!! Their smile has returned ,they feel revived,they feel truly alive and hear many joyous voices . At the same time  the oldest 105‐year‐old is participating,it can been seen a wide range of ages can participate. The magic of Tango therapy is that it simultaneously stimulates ″mind ″and″body″″and ″body″so we hope to become an important resource in creating a happier environment for the elderly here in Japan.

 

And one more thing,our fellow tangeros, that with  your own hobby and lifestyle of tango,you can gain a deep sense of satisfaction by helping society by volunteering  to help spread the happiness and joy of  tango.​​​​​​

 

 

 

 

【今後の活動予定】(5月1日更新)

★オンラインタンゴセラピー開始します★
〜手作りマスク作成ボランティアの継続〜
〜施設のご利用者様へのメッセージ募集〜

5月より、Zoomを使ったオンラインタンゴセラピーを開始します。
こちらは、全国からのボランティアメンバーを募集し、皆様の元気を画面上からお届けいただければ幸いです。

約30分のプログラムをボランティア、施設の皆様で一緒に行います。(まだ参加施設は決まっていないため、ボランティアメンバーだけになる可能性もありますが、その時はお互いに元気分け合いましょう!)

日時は、毎週土曜日、13:00〜13:30です。12:45 より入場できます。

Zoomアプリより、
【オンラインタンゴセラピー】
毎週土曜日★12:45〜13:30開催
ミーティングID: 842 0091 6562
パスワード: 020855
で参加できます!

持ち物:動きやすい服装、椅子、元気

また、下記のボランティア活動も継続して行います。

手作りマスクの作成をし、必要な施設にお届けします。また、人と人との『つながり』を作り続けていくために、私たちからのメッセージを施設のご利用者様へお届けします。

つきましては、FBページ宛にメッセージをしていただくか、tangotherapyjapan@gmail.com まで、【ボランティア希望】と題名をご記入の上、ご寄稿お願いいたします。

〜施設に伺う通常活動に関するご案内〜
※情報は随時更新されます。
タンゴセラピー活動では、施設ご利用者様とボランティア参加者の皆様が、近距離でふれあい、会話もある活動であり、関わるご利用者の皆さまが、ご高齢者中心であることから、コロナウィルスの収束の見通しの立たない今、5月以降もしばらく休止とし、オンラインに切り替えます。

皆様におかれましても、ご体調にはどうぞお気をつけくださいませ。

ご参加者感想/impression of participant

NPO法人日本タンゴセラピー協会

〒103-0027

東京都中央区日本橋3-8-3日本橋通りビル8F

(タンゴソル日本橋内)03-6325-2591

 

協力 リコーリース株式会社

後援 在日アルゼンチン共和国大使館

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now